私にとって仕事とは。

「私にとって仕事とは・・・。」それは生涯にわたり自らに問いかけるものかもしれない。しかし、今この瞬間、熱く感じている想いを言葉にしてもいいのではないか。いやむしろ、今だからこそ言葉にできる想いがある。遠鉄百貨店の新人・中堅からマネージャーに聞いた『私にとって仕事とは』のすべて。

 

 

私にとって

仕事とは。

 

 

 

「私にとって仕事とは・・・。」それは生涯にわたり自らに問いかけるものかもしれない。しかし、今この瞬間、熱く感じている想いを言葉にしてもいいのではないか。いやむしろ、今だからこそ言葉にできる想いがある。

遠鉄百貨店の新人・中堅からマネージャーに聞いた『私にとって仕事とは』のすべて。

私にとって仕事とは。

「私にとって仕事とは・・・。」それは生涯にわたり自らに問いかけるものかもしれない。しかし、今この瞬間、熱く感じている想いを言葉にしてもいいのではないか。いやむしろ、今だからこそ言葉にできる想いがある。遠鉄百貨店の新人・中堅からマネージャーに聞いた『私にとって仕事とは』のすべて。

6ストーリー。その想いの先に、遠鉄百貨店がある。

6ストーリー。

その想いの先に、

遠鉄百貨店がある。

6ストーリー。その想いの先に、遠鉄百貨店がある。

人とのつながりは仕事を充実させる原動力。

理系の大学出身の矢野大樹。

学びと仕事を上手く切り離して小売業の道に進んだ。

人とのつながりの中に楽しさや喜びが溢れているという。

 

◎ 矢野大樹をもっと知る

人とのつながりは

仕事を充実させる

原動力。

理系の大学出身の矢野大樹。学びと仕事を上手く切り離して小売業の道に進んだ。人とのつながりの中に楽しさや喜びが溢れているという。


◎ 矢野大樹をもっと知る

人とのつながりは

仕事を充実させる原動力。

 

 

理系の大学出身の矢野大樹。
学びと仕事を上手く切り離して小売業の道に進んだ。
人とのつながりの中に楽しさや喜びが溢れているという。

◎ 矢野大樹をもっと知る

矢野大樹の今、百貨店の未来。

地元企業への就職、学生時代の学びを活かせる会社、時代の中で成長している業種・業界・・・。仕事選びの基準は様々だ。実は選択肢はたくさんある。自分の気持ちに素直になってみるのもひとつの手段かもしれない。

 
理系の学部で学んだ専門分野への道をあっさりと捨て、自分を表現できる場を求めて就職を決めた矢野大樹。今、生き生きと働く姿は、仕事に携わる喜びに満ちている。理由は、ただひとつ「人とのつながり」にある。
 
デイリーな買い物が中心になる遠鉄百貨店の地下食料品売場。いわゆるデパ地下は、常に活気に溢れている。それは、絶えることなく行き来する人とのふれあいの場であるとも言える。矢野大樹は、そうした多くのお客様に、楽しく買い物をしてもらいたいと願っている。つまり、お客様が喜ぶ笑顔が見たいのだ。そして、その笑顔を自分の喜びに変えられるからこそ、彼の仕事は充実しているのだ。
 
百貨店とは、世の中にあふれる商品群の中から選りすぐりのものをセレクトして、豊かな生活を提案する場。小売業の中でも特別な存在と言える。また、食料品をはじめ、化粧品や婦人洋品・紳士洋品から生活雑貨品まで様々な分野の品物が並ぶのも特徴的。仕事に携わる中で、多くのジャンルの品物を知るチャンスが待っている。それは生活を旅する空間とも呼べる。また、生活者からの期待が大きいのも百貨店だ。
 
スタッフと協力しながら催し物を企画・実施する。自分で直接手がけたものだから愛着がある。お客様からの評判が良ければ尚更うれしい。小売業の最前線は、反応がダイレクトだ。このスピード感が仕事の魅力。日々、たくましく成果を導き出す。それが、今の矢野大樹の喜びだ。

矢野大樹の今、

百貨店の未来。

地元企業への就職、学生時代の学びを活かせる会社、時代の中で成長している業種・業界・・・。仕事選びの基準は様々だ。実は選択肢はたくさんある。自分の気持ちに素直になってみるのもひとつの手段かもしれない。

 
理系の学部で学んだ専門分野への道をあっさりと捨て、自分を表現できる場を求めて就職を決めた矢野大樹。今、生き生きと働く姿は、仕事に携わる喜びに満ちている。理由は、ただひとつ「人とのつながり」にある。
 
デイリーな買い物が中心になる遠鉄百貨店の地下食料品売場。いわゆるデパ地下は、常に活気に溢れている。それは、絶えることなく行き来する人とのふれあいの場であるとも言える。矢野大樹は、そうした多くのお客様に、楽しく買い物をしてもらいたいと願っている。つまり、お客様が喜ぶ笑顔が見たいのだ。そして、その笑顔を自分の喜びに変えられるからこそ、彼の仕事は充実しているのだ。
 
百貨店とは、世の中にあふれる商品群の中から選りすぐりのものをセレクトして、豊かな生活を提案する場。小売業の中でも特別な存在と言える。また、食料品をはじめ、化粧品や婦人洋品・紳士洋品から生活雑貨品まで様々な分野の品物が並ぶのも特徴的。仕事に携わる中で、多くのジャンルの品物を知るチャンスが待っている。それは生活を旅する空間とも呼べる。また、生活者からの期待が大きいのも百貨店だ。
 
スタッフと協力しながら催し物を企画・実施する。自分で直接手がけたものだから愛着がある。お客様からの評判が良ければ尚更うれしい。小売業の最前線は、反応がダイレクトだ。このスピード感が仕事の魅力。日々、たくましく成果を導き出す。それが、今の矢野大樹の喜びだ。

矢野大樹の今、百貨店の未来。

地元企業への就職、学生時代の学びを活かせる会社、時代の中で成長している業種・業界・・・。仕事選びの基準は様々だ。実は選択肢はたくさんある。自分の気持ちに素直になってみるのもひとつの手段かもしれない。

 

理系の学部で学んだ専門分野への道をあっさりと捨て、自分を表現できる場を求めて就職を決めた矢野大樹。今、生き生きと働く姿は、仕事に携わる喜びに満ちている。理由は、ただひとつ「人とのつながり」にある。
デイリーな買い物が中心になる遠鉄百貨店の地下食料品売場。いわゆるデパ地下は、常に活気に溢れている。それは、絶えることなく行き来する人とのふれあいの場であるとも言える。矢野大樹は、そうした多くのお客様に、楽しく買い物をしてもらいたいと願っている。つまり、お客様が喜ぶ笑顔が見たいのだ。そして、その笑顔を自分の喜びに変えられるからこそ、彼の仕事は充実しているのだ。
 
百貨店とは、世の中にあふれる商品群の中から選りすぐりのものをセレクトして、豊かな生活を提案する場。小売業の中でも特別な存在と言える。また、食料品をはじめ、化粧品や婦人洋品・紳士洋品から生活雑貨品まで様々な分野の品物が並ぶのも特徴的。仕事に携わる中で、多くのジャンルの品物を知るチャンスが待っている。それは生活を旅する空間とも呼べる。また、生活者からの期待が大きいのも百貨店だ。
 
スタッフと協力しながら催し物を企画・実施する。自分で直接手がけたものだから愛着がある。お客様からの評判が良ければ尚更うれしい。小売業の最前線は、反応がダイレクトだ。このスピード感が仕事の魅力。日々、たくましく成果を導き出す。それが、今の矢野大樹の喜びだ。

それは、毎日、新しい自分と出会える仕事。

豊かな人生をつくるために百貨店がある。

そう信じているからこそ、毎日フレッシュに仕事と向き合える。

自らの「百貨店好き」が、仕事の原動力。

 

◎ 木野日向子をもっと知る

それは、毎日、

新しい自分と

出会える仕事。

豊かな人生をつくるために百貨店がある。そう信じているからこそ、毎日フレッシュに仕事と向き合える。自らの「百貨店好き」が、仕事の原動力。


◎ 木野日向子をもっと知る

それは、毎日、

新しい自分と出会える仕事。

 

 

豊かな人生をつくるために百貨店がある。
そう信じているからこそ、毎日フレッシュに仕事と向き合える。
自らの「百貨店好き」が、仕事の原動力。

◎ 木野日向子をもっと知る

木野日向子の今、百貨店の未来。

「気分を前向きにする仕事がここにはある。」と木野日向子。「百貨店好き」の彼女にとっては、最高の職場と言える。生活者のひとりとして百貨店を楽しむことに加え、仕事をする立場でも百貨店を楽しめる場としてとらえている。「百貨店には季節がある。新しい出会いがある。その日々の変化を感じることが好き。」だという。百貨店をつくっているのは、こうしたひとりひとりの旺盛な好奇心の総和なのかもしれない。

 

大学3年の時に遠鉄グループのインターンシップを経験した彼女は、働く場としての百貨店にも大いに興味をふくらませたという。その時に知った遠鉄百貨店で働く人の魅力も素敵な刺激になった。「百貨店好きな後輩と一緒に仕事がしたい。」と学生にメッセージを送る。百貨店の未来を語る仲間と出会いたいのだ。

 

ファッションコーディネーターという仕事柄、普段から幅広い年代の婦人洋品に興味をもって接している。勉強熱心だ。売場の要望を販売促進へと結びつける役回りを演じながら、ディスプレイのイメージを描く。店頭に並ぶ目の前の品物の動向に気を配りながら、4ヶ月先の季節の戦略を練る。売場からのナマの声と雑誌などのトレンド情報をリンクさせる。考えはじめたら時間がいくらあっても足りないだろう。しかし、楽しいから気持ちは常に前向きだ。

 

多くの女性が働く遠鉄百貨店。女性のための制度も充実し、育休後も安心して働ける。そうした先輩が身近にいることは心強い。環境が整い、社内の風土がある。制度が確実に浸透しているから思い切って仕事に携わることができると感じている。いつまでも、お気に入りの場所で働けることが、生き生きとした毎日の証し。木野日向子は、日々、新しい自分に出会っている。

木野日向子の今、

百貨店の未来。

「気分を前向きにする仕事がここにはある。」と木野日向子。「百貨店好き」の彼女にとっては、最高の職場と言える。生活者のひとりとして百貨店を楽しむことに加え、仕事をする立場でも百貨店を楽しめる場としてとらえている。「百貨店には季節がある。新しい出会いがある。その日々の変化を感じることが好き。」だという。百貨店をつくっているのは、こうしたひとりひとりの旺盛な好奇心の総和なのかもしれない。

大学3年の時に遠鉄グループのインターンシップを経験した彼女は、働く場としての百貨店にも大いに興味をふくらませたという。その時に知った遠鉄百貨店で働く人の魅力も素敵な刺激になった。「百貨店好きな後輩と一緒に仕事がしたい。」と学生にメッセージを送る。百貨店の未来を語る仲間と出会いたいのだ。

ファッションコーディネーターという仕事柄、普段から幅広い年代の婦人洋品に興味をもって接している。勉強熱心だ。売場の要望を販売促進へと結びつける役回りを演じながら、ディスプレイのイメージを描く。店頭に並ぶ目の前の品物の動向に気を配りながら、4ヶ月先の季節の戦略を練る。売場からのナマの声と雑誌などのトレンド情報をリンクさせる。考えはじめたら時間がいくらあっても足りないだろう。しかし、楽しいから気持ちは常に前向きだ。

多くの女性が働く遠鉄百貨店。女性のための制度も充実し、育休後も安心して働ける。そうした先輩が身近にいることは心強い。環境が整い、社内の風土がある。制度が確実に浸透しているから思い切って仕事に携わることができると感じている。いつまでも、お気に入りの場所で働けることが、生き生きとした毎日の証し。木野日向子は、日々、新しい自分に出会っている。

木野日向子の今、百貨店の未来。

「気分を前向きにする仕事がここにはある。」と木野日向子。「百貨店好き」の彼女にとっては、最高の職場と言える。生活者のひとりとして百貨店を楽しむことに加え、仕事をする立場でも百貨店を楽しめる場としてとらえている。「百貨店には季節がある。新しい出会いがある。その日々の変化を感じることが好き。」だという。百貨店をつくっているのは、こうしたひとりひとりの旺盛な好奇心の総和なのかもしれない。


大学3年の時に遠鉄グループのインターンシップを経験した彼女は、働く場としての百貨店にも大いに興味をふくらませたという。その時に知った遠鉄百貨店で働く人の魅力も素敵な刺激になった。「百貨店好きな後輩と一緒に仕事がしたい。」と学生にメッセージを送る。百貨店の未来を語る仲間と出会いたいのだ。


ファッションコーディネーターという仕事柄、普段から幅広い年代の婦人洋品に興味をもって接している。勉強熱心だ。売場の要望を販売促進へと結びつける役回りを演じながら、ディスプレイのイメージを描く。店頭に並ぶ目の前の品物の動向に気を配りながら、4ヶ月先の季節の戦略を練る。売場からのナマの声と雑誌などのトレンド情報をリンクさせる。考えはじめたら時間がいくらあっても足りないだろう。しかし、楽しいから気持ちは常に前向きだ。


多くの女性が働く遠鉄百貨店。女性のための制度も充実し、育休後も安心して働ける。そうした先輩が身近にいることは心強い。環境が整い、社内の風土がある。制度が確実に浸透しているから思い切って仕事に携わることができると感じている。いつまでも、お気に入りの場所で働けることが、生き生きとした毎日の証し。木野日向子は、日々、新しい自分に出会っている。

仕事は、私にとって生きがい。人としての証し。

ここは、自分が自分として居られる確かな場所。

社会の中で認められていることを実感できる場所。

だから仕事は、私にとって生きがい。

 

◎ 浦谷麻由をもっと知る

仕事は、

私にとって

生きがい。

人としての証し。

ここは、自分が自分として居られる確かな場所。社会の中で認められていることを実感できる場所。だから仕事は、私にとって生きがい。


◎ 浦谷麻由をもっと知る

仕事は、私にとって生きがい。

人としての証し。

 

 

ここは、自分が自分として居られる確かな場所。
社会の中で認められていることを実感できる場所。
だから仕事は、私にとって生きがい。

◎ 浦谷麻由をもっと知る

浦谷麻由の今、百貨店の未来。

最初の配属先がお酒売場だったことから、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の唎酒師の資格を取得した。週末などに開催される酒蔵主催の試飲会のために役立つと考えた。「郷に入っては郷に従う」のも、ひとつの生き方だ。自分自身の人間性を広げることになると同時に、名刺の肩書きに記したことで多くの人との接点をつくることができた。

 

食料品の売場を経験した後、新設されたコーディネーターという肩書きを得た。若手女性社員の活躍の場をさらに広げるポジションであり、その後の必要性も問われる大切な役割だった。しかし、臆することなくその役を引き受けた。「チャンスをいただいた時は、常に答えは『YES』。それが私のモットー。」と、姿勢は前向き。それをやり遂げることに意欲を発揮するのが浦谷麻由である。

 

新しい部署は、新入社員の多くが希望を出す営業推進部。広告・宣伝を担当するこの部署への憧れは社内でも強い。当然、注目も集まる。ここで大切になるのは、コミュニケーション能力。ひとつの品物に関わるすべての人の要望を汲み取りながら、営業推進部の方針、さらにはデザイン的な側面にも注意を払いながら、販促物をまとめ上げていく。感性がすべて、ではないのだ。

 

遠鉄百貨店にとってもっとも重要な媒体は、毎週新聞に折り込まれるチラシ。このチラシを軸に定期刊行物やイベントチラシ、テレビなどの媒体広告などをつくり上げていく。営業推進部の中にあって広告グループは、売り上げを左右する大事な役割を担っているのである。

 

今や社内でも中堅と呼ばれる存在。女性でありながら、日々動かしていく業務は多岐に渡る。その一方で、結婚を経て家庭との両立も目指している。社内には、女性の活躍をサポートする様々な制度をはじめ、育休などを利用しやすい風土が根付いているのも心強い。「仕事は生きがい」と胸を張る浦谷。仕事を通じて社会に認められていることを実感する毎日は充実している。「自分が自分として居られる場所は、ここ。」とも。誇りをもって働ける場所、それが遠鉄百貨店なのである。

浦谷麻由の今、

百貨店の未来。

最初の配属先がお酒売場だったことから、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の唎酒師の資格を取得した。週末などに開催される酒蔵主催の試飲会のために役立つと考えた。「郷に入っては郷に従う」のも、ひとつの生き方だ。自分自身の人間性を広げることになると同時に、名刺の肩書きに記したことで多くの人との接点をつくることができた。

 

食料品の売場を経験した後、新設されたコーディネーターという肩書きを得た。若手女性社員の活躍の場をさらに広げるポジションであり、その後の必要性も問われる大切な役割だった。しかし、臆することなくその役を引き受けた。「チャンスをいただいた時は、常に答えは『YES』。それが私のモットー。」と、姿勢は前向き。それをやり遂げることに意欲を発揮するのが浦谷麻由である。

 

新しい部署は、新入社員の多くが希望を出す営業推進部。広告・宣伝を担当するこの部署への憧れは社内でも強い。当然、注目も集まる。ここで大切になるのは、コミュニケーション能力。ひとつの品物に関わるすべての人の要望を汲み取りながら、営業推進部の方針、さらにはデザイン的な側面にも注意を払いながら、販促物をまとめ上げていく。感性がすべて、ではないのだ。

 

遠鉄百貨店にとってもっとも重要な媒体は、毎週新聞に折り込まれるチラシ。このチラシを軸に定期刊行物やイベントチラシ、テレビなどの媒体広告などをつくり上げていく。営業推進部の中にあって広告グループは、売り上げを左右する大事な役割を担っているのである。

 

今や社内でも中堅と呼ばれる存在。女性でありながら、日々動かしていく業務は多岐に渡る。その一方で、結婚を経て家庭との両立も目指している。社内には、女性の活躍をサポートする様々な制度をはじめ、育休などを利用しやすい風土が根付いているのも心強い。「仕事は生きがい」と胸を張る浦谷。仕事を通じて社会に認められていることを実感する毎日は充実している。「自分が自分として居られる場所は、ここ。」とも。誇りをもって働ける場所、それが遠鉄百貨店なのである。

浦谷麻由の今、百貨店の未来。

最初の配属先がお酒売場だったことから、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会認定の唎酒師の資格を取得した。週末などに開催される酒蔵主催の試飲会のために役立つと考えた。「郷に入っては郷に従う」のも、ひとつの生き方だ。自分自身の人間性を広げることになると同時に、名刺の肩書きに記したことで多くの人との接点をつくることができた。

 

食料品の売場を経験した後、新設されたコーディネーターという肩書きを得た。若手女性社員の活躍の場をさらに広げるポジションであり、その後の必要性も問われる大切な役割だった。しかし、臆することなくその役を引き受けた。「チャンスをいただいた時は、常に答えは『YES』。それが私のモットー。」と、姿勢は前向き。それをやり遂げることに意欲を発揮するのが浦谷麻由である。

 

新しい部署は、新入社員の多くが希望を出す営業推進部。広告・宣伝を担当するこの部署への憧れは社内でも強い。当然、注目も集まる。ここで大切になるのは、コミュニケーション能力。ひとつの品物に関わるすべての人の要望を汲み取りながら、営業推進部の方針、さらにはデザイン的な側面にも注意を払いながら、販促物をまとめ上げていく。感性がすべて、ではないのだ。

 

遠鉄百貨店にとってもっとも重要な媒体は、毎週新聞に折り込まれるチラシ。このチラシを軸に定期刊行物やイベントチラシ、テレビなどの媒体広告などをつくり上げていく。営業推進部の中にあって広告グループは、売り上げを左右する大事な役割を担っているのである。

 

今や社内でも中堅と呼ばれる存在。女性でありながら、日々動かしていく業務は多岐に渡る。その一方で、結婚を経て家庭との両立も目指している。社内には、女性の活躍をサポートする様々な制度をはじめ、育休などを利用しやすい風土が根付いているのも心強い。「仕事は生きがい」と胸を張る浦谷。仕事を通じて社会に認められていることを実感する毎日は充実している。「自分が自分として居られる場所は、ここ。」とも。誇りをもって働ける場所、それが遠鉄百貨店なのである。

人として成長する自分自身を見つけていく。

 

カッコよく働きたい。そう考えたとしても悪くない。

自分を成長させる場がそこにあれば、骨太な精神で取り組むべきだ。

オトコの生き方・美学は伊達じゃない。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

 

◎ 渡邊寛則をもっと知る

人として

成長する

自分自身を

見つけていく。

カッコよく働きたい。

そう考えたとしても悪くない。自分を成長させる場がそこにあれば、骨太な精神で取り組むべきだ。オトコの生き方・美学は伊達じゃない。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

◎ 渡邊寛則をもっと知る

人として成長する

自分自身を見つけていく。


カッコよく働きたい。そう考えたとしても悪くない。
自分を成長させる場がそこにあれば、

骨太な精神で取り組むべきだ。
オトコの生き方・美学は伊達じゃない。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

◎ 渡邊寛則をもっと知る

渡邊寛則の今、百貨店の未来。

たとえ時代が移り変わったとしても、貫きたい生き方がある。外から見れば、華やかさや憧れという点にスポットがあたりがちであるが、一途にその道を歩んで来なければたどり着けない場所もある。華やかさのウラには苦労があり、憧れの背景には地道な努力が常に横たわっている。

 

渡邊寛則は、今、副マネジャーの職に就いている。入社した当時、百貨店業界は強く輝きを放っていた。その華やかな世界で働くことを決意させたのは、生まれ故郷浜松への愛着。浜松駅前のシンボルとして愛される遠鉄百貨店の存在は、若い頃から印象的であった。「まだ、駅前に多くの人が集まる時代だった。遠鉄百貨店の1階フロアも常に人で溢れていた。」と振り返る。多くの人の目に触れながら仕事をする環境は、緊張感がありながらも身が引き締まる想いだったに違いない。

 

数々の売場を経験する中で培ったものは、柔軟な対応力。接客に関わる基本的な事柄を除けば、あとは自分の意志で積極的に行動することが求められる。物事をやり遂げる精神力を持ち、骨太にたくましく働く姿勢が何より大切であることを実感してきた。また、そうした積極的な姿勢を持つことで会社からも認められチャンスが広がることも経験した。「言われてから行動するのではなく、常に課題を突き止めて対応方法を事前に探ることが大切。若い時ほど、行動力を発揮して臨機応変に動くことが望ましい。」と次代の人材に期待する。

 

カッコよく働いているのは、渡邊ひとりだけではない。遠鉄百貨店では、さらに上の役職にある課長・部長なども常に身だしなみに気をつけている。「おそらく、同年代で比較すれば、一般企業で働く人たちと比べてかなり若々しく感じられると思う。お洒落であることは、私たちの仕事の基本精神のひとつ。」なのだ。

 

「仕事は、自分自身を成長させるもの」と渡邊は言葉にする。関わるすべての人とのコミュニケーションに気を配りながら、どこまでもカッコよく働き続ける。それを貫く生き方も、ひとつの生きる証しと言えるだろう。

 

渡邊寛則の今、

百貨店の未来。

 

たとえ時代が移り変わったとしても、貫きたい生き方がある。外から見れば、華やかさや憧れという点にスポットがあたりがちであるが、一途にその道を歩んで来なければたどり着けない場所もある。華やかさのウラには苦労があり、憧れの背景には地道な努力が常に横たわっている。

 

渡邊寛則は、今、副マネジャーの職に就いている。入社した当時、百貨店業界は強く輝きを放っていた。その華やかな世界で働くことを決意させたのは、生まれ故郷浜松への愛着。浜松駅前のシンボルとして愛される遠鉄百貨店の存在は、若い頃から印象的であった。「まだ、駅前に多くの人が集まる時代だった。遠鉄百貨店の1階フロアも常に人で溢れていた。」と振り返る。多くの人の目に触れながら仕事をする環境は、緊張感がありながらも身が引き締まる想いだったに違いない。

 

数々の売場を経験する中で培ったものは、柔軟な対応力。接客に関わる基本的な事柄を除けば、あとは自分の意志で積極的に行動することが求められる。物事をやり遂げる精神力を持ち、骨太にたくましく働く姿勢が何より大切であることを実感してきた。また、そうした積極的な姿勢を持つことで会社からも認められチャンスが広がることも経験した。「言われてから行動するのではなく、常に課題を突き止めて対応方法を事前に探ることが大切。若い時ほど、行動力を発揮して臨機応変に動くことが望ましい。」と次代の人材に期待する。

 

カッコよく働いているのは、渡邊ひとりだけではない。遠鉄百貨店では、さらに上の役職にある課長・部長なども常に身だしなみに気をつけている。「おそらく、同年代で比較すれば、一般企業で働く人たちと比べてかなり若々しく感じられると思う。お洒落であることは、私たちの仕事の基本精神のひとつ。」なのだ。

 

「仕事は、自分自身を成長させるもの」と渡邊は言葉にする。関わるすべての人とのコミュニケーションに気を配りながら、どこまでもカッコよく働き続ける。それを貫く生き方も、ひとつの生きる証しと言えるだろう。

 

渡邊寛則の今、百貨店の未来。

たとえ時代が移り変わったとしても、貫きたい生き方がある。外から見れば、華やかさや憧れという点にスポットがあたりがちであるが、一途にその道を歩んで来なければたどり着けない場所もある。華やかさのウラには苦労があり、憧れの背景には地道な努力が常に横たわっている。

 

渡邊寛則は、今、副マネジャーの職に就いている。入社した当時、百貨店業界は強く輝きを放っていた。その華やかな世界で働くことを決意させたのは、生まれ故郷浜松への愛着。浜松駅前のシンボルとして愛される遠鉄百貨店の存在は、若い頃から印象的であった。「まだ、駅前に多くの人が集まる時代だった。遠鉄百貨店の1階フロアも常に人で溢れていた。」と振り返る。多くの人の目に触れながら仕事をする環境は、緊張感がありながらも身が引き締まる想いだったに違いない。

 

数々の売場を経験する中で培ったものは、柔軟な対応力。接客に関わる基本的な事柄を除けば、あとは自分の意志で積極的に行動することが求められる。物事をやり遂げる精神力を持ち、骨太にたくましく働く姿勢が何より大切であることを実感してきた。また、そうした積極的な姿勢を持つことで会社からも認められチャンスが広がることも経験した。「言われてから行動するのではなく、常に課題を突き止めて対応方法を事前に探ることが大切。若い時ほど、行動力を発揮して臨機応変に動くことが望ましい。」と次代の人材に期待する。

 

カッコよく働いているのは、渡邊ひとりだけではない。遠鉄百貨店では、さらに上の役職にある課長・部長なども常に身だしなみに気をつけている。「おそらく、同年代で比較すれば、一般企業で働く人たちと比べてかなり若々しく感じられると思う。お洒落であることは、私たちの仕事の基本精神のひとつ。」なのだ。

 

「仕事は、自分自身を成長させるもの」と渡邊は言葉にする。関わるすべての人とのコミュニケーションに気を配りながら、どこまでもカッコよく働き続ける。それを貫く生き方も、ひとつの生きる証しと言えるだろう。

 

自分の想いを込めることが仕事のはじまり。

 

仕事はひとりではできないもの。

身近な仲間や関わるすべての人と気持ちを整えて臨む。

そして、そこに自分の想いを込めた時、はじめて仕事になる。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

 

◎ 佐竹真美子をもっと知る

自分の想いを

込めることが

仕事のはじまり。

仕事はひとりではできないもの。身近な仲間や関わるすべての人と気持ちを整えて臨む。そして、そこに自分の想いを込めた時、はじめて仕事になる。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

◎ 佐竹真美子をもっと知る

自分の想いを込めることが

仕事のはじまり。

 

 

仕事はひとりではできないもの。
身近な仲間や関わるすべての人と気持ちを整えて臨む。
そして、そこに自分の想いを込めた時、はじめて仕事になる。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

◎ 佐竹真美子をもっと知る

佐竹真美子の今、百貨店の未来。

遠鉄百貨店は1988年9月にオープン。すでに25年が経過し、まもなく開業30周年を迎えようとしている。佐竹真美子が入社したのは、開業5年ほどが経過した頃。浜松駅前は人通りも賑やかで活気に満ち溢れていた。「当時、浜松で一番新しい百貨店で開業5年という若い会社。またまだこれから成長していく気配があり、自分たちでつくり上げていけるようなイメージを持っていた。」という。競合する大型店と切磋琢磨していた頃だ。

 
浜松で生まれたものの、小さい頃からすでにこの土地からは離れて生活していた。大学の卒業が近づいた頃、両親が再び浜松で暮らしていたこともあり就職先として遠鉄百貨店が候補に挙がった。学生時代に名古屋の百貨店で触れた文化的なイベントに刺激を受け、販売以外の百貨店の顔にも興味を持っていたのだ。「最初はシューフィッターになりたい。」と考えていたという。ここには、様々な分野のエキスパートがいる。その人の集合体が百貨店をつくっているのだ。
 
営業推進部の中は、3つの部門に分かれている。常備・顧客政策グループ・広告グループ、催グループだ。その中で佐竹は、50万人が登録しているカード会員および「友の会」のデータに基づき販売促進を練る顧客政策リーダーを務めている。細やかな配慮と女性ならではの丁寧な対応は、データ分析から冷静な判断が求められる業務に最適である。「お客様の多くは女性。女性としての感性も発揮できる。」と手応えも感じている。
 
「売る」ことから「楽しむ場」の提供まで、今日の百貨店が目指すスタイルは多様化している。「いつ来店しても楽しいことが待っている百貨店が理想。」である。大きな会社組織の中では、常にチームとして仕事に取り組み、一体感のある業務の遂行が大切であると考えている。「仕事はひとりではできない。仲間と一緒につくり上げるもの。」それが信念だ。
 
若いスタッフにもエールを送る。「先が見えなくてわからないこともある。けれど何事も一生懸命に取り組むことがまずは大切。」と。佐竹真美子の静かなチャレンジは、まだまだ続いていく。

佐竹真美子の今、

百貨店の未来。

遠鉄百貨店は1988年9月にオープン。すでに25年が経過し、まもなく開業30周年を迎えようとしている。佐竹真美子が入社したのは、開業5年ほどが経過した頃。浜松駅前は人通りも賑やかで活気に満ち溢れていた。「当時、浜松で一番新しい百貨店で開業5年という若い会社。またまだこれから成長していく気配があり、自分たちでつくり上げていけるようなイメージを持っていた。」という。競合する大型店と切磋琢磨していた頃だ。

 
浜松で生まれたものの、小さい頃からすでにこの土地からは離れて生活していた。大学の卒業が近づいた頃、両親が再び浜松で暮らしていたこともあり就職先として遠鉄百貨店が候補に挙がった。学生時代に名古屋の百貨店で触れた文化的なイベントに刺激を受け、販売以外の百貨店の顔にも興味を持っていたのだ。「最初はシューフィッターになりたい。」と考えていたという。ここには、様々な分野のエキスパートがいる。その人の集合体が百貨店をつくっているのだ。
 
営業推進部の中は、3つの部門に分かれている。常備・顧客政策グループ・広告グループ・催グループだ。その中で佐竹は、50万人が登録しているカード会員および「友の会」のデータに基づき販売促進を練る営業戦略リーダーを務めている。細やかな配慮と女性ならではの丁寧な対応は、データ分析から冷静な判断が求められる業務に最適である。「お客様の多くは女性。女性としての感性も発揮できる。」と手応えも感じている。
 
「売る」ことから「楽しむ場」の提供まで、今日の百貨店が目指すスタイルは多様化している。「いつ来店しても楽しいことが待っている百貨店が理想。」である。大きな会社組織の中では、常にチームとして仕事に取り組み、一体感のある業務の遂行が大切であると考えている。「仕事はひとりではできない。仲間と一緒につくり上げるもの。」それが信念だ。
 
若いスタッフにもエールを送る。「先が見えなくてわからないこともある。けれど何事も一生懸命に取り組むことがまずは大切。」と。佐竹真美子の静かなチャレンジは、まだまだ続いていく。

佐竹真美子の今、百貨店の未来。

遠鉄百貨店は1988年9月にオープン。すでに25年が経過し、まもなく開業30周年を迎えようとしている。佐竹真美子が入社したのは、開業5年ほどが経過した頃。浜松駅前は人通りも賑やかで活気に満ち溢れていた。「当時、浜松で一番新しい百貨店で開業5年という若い会社。またまだこれから成長していく気配があり、自分たちでつくり上げていけるようなイメージを持っていた。」という。競合する大型店と切磋琢磨していた頃だ。

 
浜松で生まれたものの、小さい頃からすでにこの土地からは離れて生活していた。大学の卒業が近づいた頃、両親が再び浜松で暮らしていたこともあり就職先として遠鉄百貨店が候補に挙がった。学生時代に名古屋の百貨店で触れた文化的なイベントに刺激を受け、販売以外の百貨店の顔にも興味を持っていたのだ。「最初はシューフィッターになりたい。」と考えていたという。ここには、様々な分野のエキスパートがいる。その人の集合体が百貨店をつくっているのだ。
 
営業推進部の中は、3つの部門に分かれている。常備・顧客政策グループ・広告グループ・催グループだ。その中で佐竹は、50万人が登録しているカード会員および「友の会」のデータに基づき販売促進を練る顧客政策リーダーを務めている。細やかな配慮と女性ならではの丁寧な対応は、データ分析から冷静な判断が求められる業務に最適である。「お客様の多くは女性。女性としての感性も発揮できる。」と手応えも感じている。
 
「売る」ことから「楽しむ場」の提供まで、今日の百貨店が目指すスタイルは多様化している。「いつ来店しても楽しいことが待っている百貨店が理想。」である。大きな会社組織の中では、常にチームとして仕事に取り組み、一体感のある業務の遂行が大切であると考えている。「仕事はひとりではできない。仲間と一緒につくり上げるもの。」それが信念だ。
 
若いスタッフにもエールを送る。「先が見えなくてわからないこともある。けれど何事も一生懸命に取り組むことがまずは大切。」と。佐竹真美子の静かなチャレンジは、まだまだ続いていく。

人とのコミュニケーションが仕事の原動力。

 

 

責任者として売場を統括するグループマネジャー。

ショップの出店交渉などをはじめ職務内容は多岐に渡る。

その業務を遂行する上で心がけていることは、人とのコミュニケーション。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

 

◎ 宮﨑孝仁をもっと知る

人との

コミュニ

ケーションが

仕事の原動力。

責任者として売場を統括するグループマネジャー。ショップの出店交渉などをはじめ職務内容は多岐に渡る。その業務を遂行する上で心がけていることは、人とのコミュニケーション。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

◎ 宮﨑孝仁をもっと知る

人とのコミュニケーションが

仕事の原動力

 

 

責任者として売場を統括するグループマネジャー。
ショップの出店交渉などをはじめ

職務内容は多岐に渡る。
その業務を遂行する上で

心がけていることは、

人とのコミュニケーション。

※インタビュー当時(2016年2月)の役職・エピソードです。

◎ 宮﨑孝仁をもっと知る

宮﨑孝仁の今、百貨店の未来。

経済産業省が定める百貨店の定義の中に「従業員が50人以上おり、かつ売場面積の50%以上において対面販売を行う業態」という記述がある。これは、百貨店がなにより「人」の力で営まれていることを物語っている。それは、グループマネジャーを務める宮﨑孝仁の信条「仕事は、人とのコミュニケーションで成り立っている。」とリンクする。

 

遠鉄百貨店で扱う品物は、実に様々。その中にあって婦人服や化粧品・宝飾品は、百貨店ならではの品揃えを示す特徴的な分野だ。宮﨑は、これまで多くの年月をこうした分野に身を置いてきた。現在のヤング・キャリアワールドも新館の1階から4階までを占め、本人曰く「食料品以外のすべて」に相当するという。つまり、2011年にオープンした新館の飛躍は、宮﨑に託されたと言ってもいい。

 

40代にしてこの若々しく生き生きとした容姿は、一般企業ではあまり見かけない。常にお客様と接して見られる立場にある日々を過ごしてきたからこそ、今があるともいえる。20年後の姿として宮﨑をイメージできれば、百貨店の仕事を通して得られる価値観のひとつが見えてくるかもしれない。

 

「百貨店の魅力は、いろいろな仕事を経験できること。」と宮﨑。取り扱う品物の数に加え、販売からバイヤー、販売促進まで職務も実に幅広い。オールマイティかつエキスパートな相反する両面の顔を持つことが求められる。それだけに日々の充実感・目標をクリアした時の達成感も大きい。「チームとして、そうした達成感を得られる喜びは、経験してみないとわからない。しかし、そこに続く道は確実に、ここにはある。」と振り返る。

 

『百貨店は人』。そう信じてるからこそ、スタッフは店頭に立ち、品物を仕入れ、販売促進を探る。「良い品物を並べけば売れる時代は終わった。今は、伝えるべき事柄を直接的に語ることが大切。その意味で、人(個性)を活かせる場が遠鉄百貨店にはある。」と宮﨑は実感している。いつまでも若々しい気持ちのまま生き生きと仕事に携わる。遠鉄百貨店には、そうした日々が待っている。

 

宮﨑孝仁の今、

百貨店の未来。

 

経済産業省が定める百貨店の定義の中に「従業員が50人以上おり、かつ売場面積の50%以上において対面販売を行う業態」という記述がある。これは、百貨店がなにより「人」の力で営まれていることを物語っている。それは、グループマネジャーを務める宮﨑孝仁の信条「仕事は、人とのコミュニケーションで成り立っている。」とリンクする。

 

遠鉄百貨店で扱う品物は、実に様々。その中にあって婦人服や化粧品・宝飾品は、百貨店ならではの品揃えを示す特徴的な分野だ。宮﨑は、これまで多くの年月をこうした分野に身を置いてきた。現在のヤングワールドも新館の1階から4階までを占め、本人曰く「食料品以外のすべて」に相当するという。つまり、2011年にオープンした新館の飛躍は、宮﨑に託されたと言ってもいい。

 

40代にしてこの若々しく生き生きとした容姿は、一般企業ではあまり見かけない。常にお客様と接して見られる立場にある日々を過ごしてきたからこそ、今があるともいえる。20年後の姿として宮﨑をイメージできれば、百貨店の仕事を通して得られる価値観のひとつが見えてくるかもしれない。

 

「百貨店の魅力は、いろいろな仕事を経験できること。」と宮﨑。取り扱う品物の数に加え、販売からバイヤー、販売促進まで職務も実に幅広い。オールマイティかつエキスパートな相反する両面の顔を持つことが求められる。それだけに日々の充実感・目標をクリアした時の達成感も大きい。「チームとして、そうした達成感を得られる喜びは、経験してみないとわからない。しかし、そこに続く道は確実に、ここにはある。」と振り返る。

 

『百貨店は人』。そう信じてるからこそ、スタッフは店頭に立ち、品物を仕入れ、販売促進を探る。「良い品物を並べけば売れる時代は終わった。今は、伝えるべき事柄を直接的に語ることが大切。その意味で、人(個性)を活かせる場が遠鉄百貨店にはある。」と宮﨑は実感している。いつまでも若々しい気持ちのまま生き生きと仕事に携わる。遠鉄百貨店には、そうした日々が待っている。

 

宮﨑孝仁の今、百貨店の未来。

経済産業省が定める百貨店の定義の中に「従業員が50人以上おり、かつ売場面積の50%以上において対面販売を行う業態」という記述がある。これは、百貨店がなにより「人」の力で営まれていることを物語っている。それは、グループマネジャーを務める宮﨑孝仁の信条「仕事は、人とのコミュニケーションで成り立っている。」とリンクする。

 

遠鉄百貨店で扱う品物は、実に様々。その中にあって婦人服や化粧品・宝飾品は、百貨店ならではの品揃えを示す特徴的な分野だ。宮﨑は、これまで多くの年月をこうした分野に身を置いてきた。現在のヤング・キャリアワールドも新館の1階から4階までを占め、本人曰く「食料品以外のすべて」に相当するという。つまり、2011年にオープンした新館の飛躍は、宮﨑に託されたと言ってもいい。

 

40代にしてこの若々しく生き生きとした容姿は、一般企業ではあまり見かけない。常にお客様と接して見られる立場にある日々を過ごしてきたからこそ、今があるともいえる。20年後の姿として宮﨑をイメージできれば、百貨店の仕事を通して得られる価値観のひとつが見えてくるかもしれない。

 

「百貨店の魅力は、いろいろな仕事を経験できること。」と宮﨑。取り扱う品物の数に加え、販売からバイヤー、販売促進まで職務も実に幅広い。オールマイティかつエキスパートな相反する両面の顔を持つことが求められる。それだけに日々の充実感・目標をクリアした時の達成感も大きい。「チームとして、そうした達成感を得られる喜びは、経験してみないとわからない。しかし、そこに続く道は確実に、ここにはある。」と振り返る。

 

『百貨店は人』。そう信じてるからこそ、スタッフは店頭に立ち、品物を仕入れ、販売促進を探る。「良い品物を並べけば売れる時代は終わった。今は、伝えるべき事柄を直接的に語ることが大切。その意味で、人(個性)を活かせる場が遠鉄百貨店にはある。」と宮﨑は実感している。いつまでも若々しい気持ちのまま生き生きと仕事に携わる。遠鉄百貨店には、そうした日々が待っている。

 

募集要項

条    件 / 2020年3月 四年制大学・大学院卒業見込み者(学部・学科不問)

 

選考方法   / 書類選考、面接、適性検査

 

問い合わせ先 / 〒430-8588 浜松市中区砂山町320-2

         株式会社遠鉄百貨店 総務部人材開発課  村松
         tel. 053(457)5210

募集要項

 

条件

2018年3月 四年制大学・大学院卒業見込み者(学部・学科不問)

 

選考方法

書類選考、面接、適性検査

 

問い合わせ先

〒430-8588 浜松市中区砂山町320-2

株式会社遠鉄百貨店

総務部人材開発課  藤岩
tel. 053(457)5210

募集要項

 

条    件/2018年3月 四年制大学・大学院卒業見込み者

       (学部・学科不問)

 

選考方法  /書類選考、面接、適性検査

 

問い合わせ先/〒430-8588 浜松市中区砂山町320-2

       株式会社遠鉄百貨店 総務部人材開発課  藤岩
       tel. 053(457)5210

勤務処遇

 

勤務時間 / 9:40~19:40(交替制、実働8時間00分)

給  与 / 大卒:月給20万2,000円(平成28年度実績)

諸  手 当 / 時間外手当、セールス手当、役付手当、役割手当 ほか

昇  給 / 年1回(4月)

賞  与 / 年2回(6月、12月)※ 年度末に業績連動型賞与有

休日休暇 / 月8~9日 左記以外に連続交替休5日(年間休日112日)

       年次有給休暇、慶弔休暇、介護休暇、ボランティア休暇、家族の看護休暇、スクールイベント休暇、

       健康増進休暇、誕生日休暇 など
加入保険 / 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

福利厚生 / 通勤費、育児休職制度、育児短時間勤務制度、介護休職制度、社員再雇用制度、社員優待特典、

       制服、ロッカー貸与、社員食堂完備、共済組合、財形貯蓄、遠鉄グループ各社優待制度 など

勤務処遇

 

 

勤務時間

9:40~19:40(交替制、実働7時間45分)

給与

大卒:月給20万2,000円(平成28年度実績)

諸  手 当

時間外手当、セールス手当、役付手当、役割手当 ほか

昇給

年1回(4月)

賞与

年2回(6月、12月)※ 年度末に業績連動型賞与有

休日休暇

月8~10日 左記以外に連続交替休7日(年間休日110日)

年次有給休暇、慶弔休暇、介護休暇、ボランティア休暇、家族の看護休暇、スクールイベント休暇、健康増進休暇、誕生日休暇 など

加入保険

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

福利厚生

通勤費、育児休職制度、育児短時間勤務制度、介護休職制度、社員再雇用制度、社員優待特典、制服、ロッカー貸与、社員食堂完備、共済組合、財形貯蓄、リフレッシュチケット配布、遠鉄グループ各社優待制度 など

勤務処遇

 

勤務時間/9:40~19:40(交替制、実働7時間45分)
給  与/大卒:月給20万2,000円(平成27年度実績)

諸  手 当/時間外手当、セールス手当、役付手当、役割手当 ほか

昇  給/年1回(4月)

賞  与/年2回(6月、11月)※ 年度末に業績連動型賞与有

休日休暇/月8~10日 左記以外に連続交替休7日(年間休日110日)

     年次有給休暇、慶弔休暇、介護休暇、ボランティア休暇、

     家族の看護休暇、スクールイベント休暇、

              誕生日休暇 など

加入保険/健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

福利厚生/通勤費、育児休職制度、育児短時間勤務制度、介護休職制度、

     社員再雇用制度、社員優待特典、制服、ロッカー貸与、

     社員食堂完備、共済組合、財形貯蓄、リフレッシュチケット配布、

     遠鉄グループ各社優待制度 など

教育研修体系

【入社後・1年目】

4月上旬~5月中旬 
新入社員研修
接客接遇マナー、進物体裁・包装実習、レジ実習、グループワークなどで基本を学んだのち、仮配属として
実際に売場での業務を体験していただきます。1ヶ月半ほどの研修を経て、本配属先が決定します。
仮配属・本配属の際には、1人ずつトレーナーがつきます。
 

9月 

新入社員フォロー研修
同期がどのような成長をしているのか、不安や困っていることがないか、入社半年が経ったタイミングで共有します。
接客ロールプレイング、グループワークなど、初心を忘れず仕事に取り組んでいただくための内容となっています。

 

1月 
【遠鉄グループ】合同新入社員振返り研修
入社からまもなく1年、改めて自分自身の強みと弱みを再確認し、上司や先輩からアドバイスをもらいながら、
2年目以降の活力を見出します。また、入社前研修でともに切磋琢磨した仲間が約1年振りに再会し、
互いの成長を確認し合います。
 

2年目以降7年目まで、遠鉄グループ合同で階層別研修を実施しています。財務、マーケティング知識、
プレゼンスキルなどを習得していきます。

 

教育研修体系

【入社後・1年目】

4月上旬~5月中旬 
新入社員研修
接客接遇マナー、進物体裁・包装実習、レジ実習、グループワークなどで基本を学んだのち、仮配属として
実際に売場での業務を体験していただきます。1ヶ月半ほどの研修を経て、本配属先が決定します。
仮配属・本配属の際には、1人ずつトレーナーがつきます。
 

9月 

新入社員フォロー研修
同期がどのような成長をしているのか、不安や困っていることがないか、入社半年が経ったタイミングで共有します。
接客ロールプレイング、グループワークなど、初心を忘れず仕事に取り組んでいただくための内容となっています。

 

1月 
【遠鉄グループ】合同新入社員振返り研修
入社からまもなく1年、改めて自分自身の強みと弱みを再確認し、上司や先輩からアドバイスをもらいながら、
2年目以降の活力を見出します。また、入社前研修でともに切磋琢磨した仲間が約1年振りに再会し、
互いの成長を確認し合います。
 

2年目以降7年目まで、遠鉄グループ合同で階層別研修を実施しています。財務、マーケティング知識、
プレゼンスキルなどを習得していきます。

 

教育研修体系

【入社後・1年目】

4月上旬~5月中旬 
新入社員研修
接客接遇マナー、進物体裁・包装実習、レジ実習、グループワークなどで基本を学んだのち、仮配属として
実際に売場での業務を体験していただきます。1ヶ月半ほどの研修を経て、本配属先が決定します。
仮配属・本配属の際には、1人ずつトレーナーがつきます。
 

9月 

新入社員フォロー研修
同期がどのような成長をしているのか、不安や困っていることがないか、入社半年が経ったタイミングで共有します。
接客ロールプレイング、グループワークなど、初心を忘れず仕事に取り組んでいただくための内容となっています。

 

1月 
【遠鉄グループ】合同新入社員振返り研修
入社からまもなく1年、改めて自分自身の強みと弱みを再確認し、上司や先輩からアドバイスをもらいながら、
2年目以降の活力を見出します。また、入社前研修でともに切磋琢磨した仲間が約1年振りに再会し、
互いの成長を確認し合います。
 

2年目以降7年目まで、遠鉄グループ合同で階層別研修を実施しています。財務、マーケティング知識、
プレゼンスキルなどを習得していきます。

 

各種研修制度

新入社員向け研修だけでなく、入社後も充実した研修制度が確立されています。

【職階別研修】             
・係長研修
・副課長研修
・課長研修

【役割別研修】 

・販売力強化研修

・ロールプレイング研修

・臨店研修

 

【部門教育】              

OJT含む部門特性に応じた教育

 

【自己啓発】

・通信教育講座

・専門資格取得支援

各種研修制度

新入社員向け研修だけでなく、入社後も充実した研修制度が確立されています。

【職階別研修】             
・係長研修
・副課長研修
・課長研修

【役割別研修】 

・販売力強化研修

・ロールプレイング研修

・臨店研修

 

【部門教育】              

OJT含む部門特性に応じた教育

 

【自己啓発】

・通信教育講座

・専門資格取得支援

各種研修制度

新入社員向け研修だけでなく、入社後も充実した研修制度が確立されています。

【職階別研修】             
・係長研修
・副課長研修
・課長研修

【役割別研修】 

・販売力強化研修

・ロールプレイング研修

・臨店研修

 

【部門教育】              

OJT含む部門特性に応じた教育

 

【自己啓発】

・通信教育講座

・専門資格取得支援

採用チームからのメッセージ

百貨店を動かせ。この街を動かせ。

 

百貨店は、街の中心に建ち、その街のシンボルとしてみんなから愛され続けてきました。それは、この街・浜松でも同じ。1988年に開業した遠鉄百貨店は、間もなく30周年を迎えます。それは、街とともに歩み人々の暮らしに笑顔を届けてきた歴史そのもの。多様化するライフスタイル、スクラップ&ビルドが続く街の中にあって、遠鉄百貨店は、常にひとりひとりの暮らしに寄り添い、新しい提案を繰り返し、この街になくてはならない存在としてあり続けてきました。そして今なお、街のシンボルとして、人を街を刺激するエネルギーを放ち続けているのです。

 

 

ともに明日へ。

 

『誰もが足を運びたくなるような魅力あふれる百貨店』を目指して、遠鉄百貨店は歩み続けています。まちなかのにぎわい創出や活気あるまちづくりの一翼を担いながら、お客様に支持され、地域に貢献し続ける百貨店としてのあるべき姿を追い続けています。そして、常に新しい力を求めているのです。今、この街のシンボルを明日へ動かすチャレンジを起こす人材に期待しています。

『こんなことをやってみたい!』と強く熱い想いがあるなら、それを遠鉄百貨店で実現してほしい!

 

 

採用チームからのメッセージ

百貨店を動かせ。この街を動かせ。

百貨店は、街の中心に建ち、その街のシンボルとしてみんなから愛され続けてきました。それは、この街・浜松でも同じ。1988年に開業した遠鉄百貨店は、間もなく30周年を迎えます。それは、街とともに歩み人々の暮らしに笑顔を届けてきた歴史そのもの。多様化するライフスタイル、スクラップ&ビルドが続く街の中にあって、遠鉄百貨店は、常にひとりひとりの暮らしに寄り添い、新しい提案を繰り返し、この街になくてはならない存在としてあり続けてきました。そして今なお、街のシンボルとして、人を街を刺激するエネルギーを放ち続けているのです。

ともに明日へ。

『誰もが足を運びたくなるような魅力あふれる百貨店』を目指して、遠鉄百貨店は歩み続けています。まちなかのにぎわい創出や活気あるまちづくりの一翼を担いながら、お客様に支持され、地域に貢献し続ける百貨店としてのあるべき姿を追い続けています。そして、常に新しい力を求めているのです。今、この街のシンボルを明日へ動かすチャレンジを起こす人材に期待しています。
『こんなことをやってみたい!』と強く熱い想いがあるなら、それを遠鉄百貨店で実現してほしい!

採用チームからのメッセージ

百貨店を動かせ。この街を動かせ。

 

百貨店は、街の中心に建ち、その街のシンボルとしてみんなから愛され続けてきました。それは、この街・浜松でも同じ。1988年に開業した遠鉄百貨店は、間もなく30周年を迎えます。それは、街とともに歩み人々の暮らしに笑顔を届けてきた歴史そのもの。多様化するライフスタイル、スクラップ&ビルドが続く街の中にあって、遠鉄百貨店は、常にひとりひとりの暮らしに寄り添い、新しい提案を繰り返し、この街になくてはならない存在としてあり続けてきました。そして今なお、街のシンボルとして、人を街を刺激するエネルギーを放ち続けているのです。

 

ともに明日へ。

『誰もが足を運びたくなるような魅力あふれる百貨店』を目指して、遠鉄百貨店は歩み続けています。まちなかのにぎわい創出や活気あるまちづくりの一翼を担いながら、お客様に支持され、地域に貢献し続ける百貨店としてのあるべき姿を追い続けています。そして、常に新しい力を求めているのです。今、この街のシンボルを明日へ動かすチャレンジを起こす人材に期待しています。

『こんなことをやってみたい!』と強く熱い想いがあるなら、それを遠鉄百貨店で実現してほしい!

新卒採用 FAQ その1

採用は職種別ですか?

職種別ではなく総合職として採用を行っております。

ジョブローテーションの中で様々な部署を経験し、能力の幅を広げていただきます。

 

配属はどのように決定ますか?希望は聞いてもらえるのですか?

新入社員研修の様子から能力や適性を見て、当社の要員計画も考慮し決定いたします。

研修期間中の仮配属後、人事担当者との個人面談で希望を伺い、最終決定をします。最初は、売場を経験していただくため、必ず営業部への配属となります。

仮配属中および本配属後は一人一人に先輩社員がトレーナーとして個別指導にあたり、公私ともに相談に乗ってもらえる制度となっています。

新卒採用 FAQ その1

採用は職種別ですか?

職種別ではなく総合職として採用を行っております。

ジョブローテーションの中で様々な部署を経験し、能力の幅を広げていただきます。

 

配属はどのように決定ますか?希望は聞いてもらえるのですか?

新入社員研修の様子から能力や適性を見て、当社の要員計画も考慮し決定いたします。

研修期間中の仮配属後、人事担当者との個人面談で希望を伺い、最終決定をします。最初は、売場を経験していただくため、必ず営業部への配属となります。

仮配属中および本配属後は一人一人に先輩社員がトレーナーとして個別指導にあたり、公私ともに相談に乗ってもらえる制度となっています。

新卒採用 FAQ その1

採用は職種別ですか?

職種別ではなく総合職として採用を行っております。

ジョブローテーションの中で様々な部署を経験し、能力の幅を広げていただきます。

 

配属はどのように決定ますか?希望は聞いてもらえるのですか?

新入社員研修の様子から能力や適性を見て、当社の要員計画も考慮し決定いたします。

研修期間中の仮配属後、人事担当者との個人面談で希望を伺い、最終決定をします。最初は、売場を経験していただくため、必ず営業部への配属となります。

仮配属中および本配属後は一人一人に先輩社員がトレーナーとして個別指導にあたり、公私ともに相談に乗ってもらえる制度となっています。

新卒採用 FAQ その2

応募する際、必要な資格はありますか?

特にありません。

自己啓発のひとつとして面接で伺うことはありますが、必要条件ではありません。

 

売場ではどのような仕事をするのですか?

接客販売はもちろんのこと、レジ、商品管理、売上管理、顧客管理、ディスプレイ、販売計画の立案、わくわくライブの企画運営など、仕事内容は多岐にわたります。接客スキルを上げ、お客様に期待以上のおもてなしができるよう、売場一丸となって熱意を持った仕事ができます。

新卒採用 FAQ その2

応募する際、必要な資格はありますか?

特にありません。

自己啓発のひとつとして面接で伺うことはありますが、必要条件ではありません。

 

売場ではどのような仕事をするのですか?

接客販売はもちろんのこと、レジ、商品管理、売上管理、顧客管理、ディスプレイ、販売計画の立案、わくわくライブの企画運営など、仕事内容は多岐にわたります。接客スキルを上げ、お客様に期待以上のおもてなしができるよう、売場一丸となって熱意を持った仕事ができます。

新卒採用 FAQ その2

応募する際、必要な資格はありますか?

特にありません。

自己啓発のひとつとして面接で伺うことはありますが、必要条件ではありません。

 

売場ではどのような仕事をするのですか?

接客販売はもちろんのこと、レジ、商品管理、売上管理、顧客管理、ディスプレイ、販売計画の立案、わくわくライブの企画運営など、仕事内容は多岐にわたります。接客スキルを上げ、お客様に期待以上のおもてなしができるよう、売場一丸となって熱意を持った仕事ができます。

新卒採用 FAQ その3

売場以外にはどのような仕事がありますか?

営業推進部、外商部、総務部があります。

1 営業推進部では、売場プロモーションや催事の企画、広告媒体の企画、IT戦略、顧客戦略など、集客のための仕掛けを行います。
2 外商部では、主に店外のお客様に営業活動を行います。全館のあらゆるものがセールスの対象となり、

 自分の頑張りが数字に表れる、やりがいある仕事です。
3 総務部は、施設管理や予算編成、経営計画など、今後進むべき道を決める会社の舵取り役や教育、採用、労務など、

 従業員が安心して働くことができるようなサポート役をしています。

 

どのような教育研修体系なのでしょうか?

入社前より内定者研修があり、入社後は新入社員研修を行っております。

その他、部門特性に応じた部門教育、職階別研修、役割別研修、自己啓発の一環として各種セミナーなどを行っております。

詳しくは、教育研修体系をご覧ください。

新卒採用 FAQ その3

売場以外にはどのような仕事がありますか?

営業推進部、外商部、総務部があります。

1 営業推進部では、売場プロモーションや催事の企画、広告媒体の企画、IT戦略、顧客戦略など、集客のための仕掛けを行います。
2 外商部では、主に店外のお客様に営業活動を行います。全館のあらゆるものがセールスの対象となり、

 自分の頑張りが数字に表れる、やりがいある仕事です。
3 総務部は、施設管理や予算編成、経営計画など、今後進むべき道を決める会社の舵取り役や教育、採用、労務など、

 従業員が安心して働くことができるようなサポート役をしています。

 

どのような教育研修体系なのでしょうか?

入社前より内定者研修があり、入社後は新入社員研修を行っております。

その他、部門特性に応じた部門教育、職階別研修、役割別研修、自己啓発の一環として各種セミナーなどを行っております。

詳しくは、教育研修体系をご覧ください。

新卒採用 FAQ その3

売場以外にはどのような仕事がありますか?

営業推進部、外商部、総務部があります。

1 営業推進部では、売場プロモーションや催事の企画、広告媒体の企画、IT戦略、顧客戦略など、集客のための仕掛けを行います。
2 外商部では、主に店外のお客様に営業活動を行います。全館のあらゆるものがセールスの対象となり、

 自分の頑張りが数字に表れる、やりがいある仕事です。
3 総務部は、施設管理や予算編成、経営計画など、今後進むべき道を決める会社の舵取り役や教育、採用、労務など、

 従業員が安心して働くことができるようなサポート役をしています。

 

どのような教育研修体系なのでしょうか?

入社前より内定者研修があり、入社後は新入社員研修を行っております。

その他、部門特性に応じた部門教育、職階別研修、役割別研修、自己啓発の一環として各種セミナーなどを行っております。

詳しくは、教育研修体系をご覧ください。